ちょい辛焼き足

1,000円(税込1,080円)
10 ポイント還元

チョイ辛焼き足

辛い製品、は難しい。
食べた瞬間に、「 ゲホッ 」とむせる人もいれば、
「 全然、辛くないよなぁ 」なんて笑われることも。

チョイ辛?

辛味成分「 カプサイシン 」、この名前をご存知の方も多いだろう。
しかし、この成分が高濃度になると、どうなるか?
「 取り扱いに、危険物の資格が必要になる 」のである。

・ 大人の辛さ

自分を実験台に、いろんな辛さを試してみた。
カプサイシンのすごさが、、よく分かる。
そんな経験から、私は思う。
辛味度合いより「 辛さの質 」が大事。

・ 八戸産の唐辛子

しかし、市販されている唐辛子は、ほとんど中国産。
もちろん、イマイチ。
唐辛子は品種によって、辛さや、風味が違い、それぞれにクセがある。
実は、意外と奥深い。

・ 地元の農家さんに、契約栽培

そして、こうなった。
たかが唐辛子、されど唐辛子。
美味しいお酒の足を、引っ張ってはいけない。

八戸産のイカ

今回の原料となるイカは、主に三陸沖で漁獲される。
「 紫イカ 」と呼ばれ、魚体が大きいのが特徴。
産地については、水揚げした地名が優先されるので、八戸産。

・ イカの下足

魚は動く部分が一番おいしい、と言われる。
イカゲソの美味しさは、書くまでもないだろう。

うすくち食感

食感につきましては、新しい製法を取り入れた。
加熱方法や、ローラー圧延を強くすることで、
従来の製品とは違う、やさしい食感です。

・ フワッとして、プチっとして

弊社製品で「 たこロール 」というのがある。
加熱工程が微妙なため、開発に8年かかった。
この製品の技術を、そのまま応用した。
食感はやわらかいが、ゲソの筋肉繊維が強いため、少し弾力のある食感になる。

大人のひととき

唐辛子は、宮城県の在来種「 ゲキカラ 」と呼ばれる。
雑味のない、鼻を突き抜けるような辛さ、が特長。
しかし素材のイカは、やさしい食感。
この、アンバランスがクセになる。

・ ビール、発泡酒に、相性良し

やはり、ビールが一番相性が良い。
調味料はうす味なので、舌が痺れるー、という事はない。
この商品を購入する


5000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担