コリッと焼きミミ

・ フワフワは、間違い!?

きっかけは、とあるお客様からの一言。
「 ミミはコリッとした方が、美味しい 」
強くロール掛けした方が、やわらかくて喜ぶ、、私はそう思ってました。

しかし「 これでは、のしイカと同じ、、 」
確かにそうですね。
ミミらしくない、、

・ 通販だから、ギャップ改善

生産者が思う「 製品のよさ 」と、お客さんの「 製品のよさ 」。
そこには、ギャップがあるのだろう。
それを改善できるのが、通販のよさなのかも。
しかし今回は、全くの盲点でした。

「 コリッ 」には、3つの条件

条件1 生イカだから「 コリッ 」

食感の良さは、鮮度の良さでもある。
冷凍解凍しない、生イカ、
だからぁー、食感も違う!

条件2 大きなミミだから「 コリッ 」

イカミミにも、サイズがあります。
小さいミミって、歯ごたえも少ない。
この食感を出すには、中、大サイズのイカ。
大きいほどに、食べごたえもある。

条件3 ローラー緩めて「 コリッ 」

今回問題となったのは、この部分ですね。
ローラーの強さは、調整可能!
適度にゆるめて、コリッとした食感を。

限定生産

・ イカが不漁続き

コリッとした食感には、特別なイカが必要。
しかしここ数年は、イカが不漁です。
今のところ、安定供給が難しいと思います。

・ 手焼きだから

今回のイカミミですが、量産が難しい。
意外とコツが、いるんですよ。
なので、手焼きします!
手作りですから、スミマセン、、数量も限られます。

八戸駅で焼いてきます

・ 焼き立てを、出荷します

今回の焼きミミ、八戸駅で焼きます。
通常品とは、別枠でお作り。
ですので大変申し訳ございません、お時間がかかる事もございます。
でも、通常品にはない香ばしさが。
この味ビールにいかがでしょうか。
 


5,000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担

close
あああああああ あああああああ あああああああ あああああああq ああああああああ