鮭とばのカロリー、栄養成分

いつもお世話になります。
中村漁業部、ネットショップ店長の中村です。
今回は「 鮭とばのカロリー、栄養成分 」

鮭とばのカロリーは、100gあたり291k/cal

と書いたものの、鮭とば100gはけっこうな分量。
そもそも多すぎて、ひと晩では食べきれない。
現実的な数値で、書き直します。

鮭とば、一食分は30g

上の写真は、鮭とば30g。
女性の方なら「 これでも多い 」と言われるかもしれない。
缶ビールのおつまみには、このくらいがちょうど良い。

・ 一食分のカロリーはビールに換算して、コップ一杯分

正確には87.3キロカロリー。
ビールに例えるなら、220mlに相当する。
缶ビール350mlですから、1本に満たない。

炭水化物は、とにかく低い

炭水化物は魚ですから、もちろん低い。

たんぱく質の宝庫

たんぱく質は53%。
という事は、鮭とばの半分以上がたんぱく質である。
ここまで高タンパクの食品は、比較対象が極めて少ない。

塩分

鮭は海水中のミネラルを含む。
そのミネラル、例えば塩化カリウム、なども食塩相当量に換算される。

・ だいたい、ハムと同じくらい

つまりは最初から高いのである。

・ 塩漬けして作る鮭とば

メーカーによっては、鮭を一度塩漬けしてから鮭とばを作る。
筋肉のミオシンが塩化ナトリウムと反応するため、サクッとした食感の鮭とばが出来るが、塩分はかなり高い。
先日試食したが、はっきり言って、しょっぱい。

鮭の脂

「 鮭の脂は、体に良い 」など書かれた健康雑誌も多い。
調べてみると
しかし、鮭の脂は個体差が大きい

・ 鮭は白身魚

鮭の脂は、オキアミの栄養成分で出来ている。
オキアミが不足している鮭は、もちろん「 白身 」なので脂の量が違う。
 

鮭の栄養機能について

原料である「 鮭が持つ栄養 」についてお書きします。

・ 目に良いと言われる「 カロチノイド 」

人参でおなじみの成分。
目に良い、と言われる赤い脂です。人参にも含まれております。

・ 抗酸化作用の「 アスタキサンチン 」

ああああああ

・ アミノ酸の「 チロシン 」

あああああああ