鮭とばの食べ方、美味しくするチョイ足し【ビール、ハイボール編】

毎度ありがとうございます、
中村漁業部ネットショップ店長の中村です。
今回は「 ビール、ハイボール 」に合わせた、鮭とばの食べ方について。

・ 炭酸系に、相性の良い鮭とば

例えば、無添加鮭トバ。
「 日本酒にはイイんだけど、炭酸系には、、、 」
組み合わせを間違えると、せっかくのお酒が。
今回は炭酸系に合わせた場合の組み合わせについて。

辛口ビールに、あう鮭とば

・ 黒コショーのきいた、鮭トバ

仕事疲れの一杯に、キレのあるビール。
そんな気分におススメの「 辛口鮭とば 」。
黒コショーの辛さが、ビールに相性良し。

・ ビールのキレがそのまま

市販の鮭とばって、砂糖が添加されているので、
「 辛口 」には、濃厚すぎるのでは?
砂糖無添加、の方が、ビールの味もストレートに楽しめる。
黒コショーの辛味は、最高の口直し。

・ 「 味 」ではなく、「 食感 」で相性良し

「 飲むときって、あまり食べないんだよね 」
そんな方には、固いおつまみ「 尻尾のトバ 」がおススメ!
鮭の尻尾だけを使用。
噛むほどに旨味の出る、鮭トバです。

・ ビールは、ギンギンに冷やして

おつまみの味が濃いと、ビールの味が感じられなくなる。

辛口だから、ギンギンに冷やす方が旨い。
風呂上がりの一杯。
固い鮭トバは、最高の口直し。

味わいビールに、あう鮭とば

・ 鮭の脂を重視

「 味わいながら、ゆっくりと 」
そんなビールには、鮭とばハラス、がおススメ。
「 ハラス 」とは鮭のお腹部分。
脂が多く、ジューシーな味わい。

・ ジューシーな鮭トバ

ハラスとは、鮭のお腹部分。
「 脂が強いため、昔は捨てられていた 」と言われる。
はて、この話、どこかで聞いたような?
そうホルモン!

・ カリッと焼いて、スナック風

「 鮭トバがスナック風!? 」なんて言われそう。
もちろん種類によるが、スナック風になる。
そのコツは、焼く事。
フライパンでも、電子レンジでも、加熱すると食感が変わる。

・ 焼き方は簡単

ああああああ

 

ハイボール編

・ 意外と、イケる!

ハイボールに鮭とば。
そんな組み合わせ、考えつきませんでした。
「 ウィスキーには合わない 」そんな先入観は間違ってました。
炭酸が入るだけで、こんなに変わるものですね。

・ 少し濃厚な鮭とば、がおススメ

私もそうですが、ウィスキー濃いめ、
でハイボールを作る方には、
「 食感が固いトバ 」をおススメします。
噛むほどに出る旨味が

・ 固い方が良い

ウィスキーや焼酎、といった蒸留酒には
味よりも「 食感 」で合わせる方が良い気がします。
私見かもしれませんが、飲む時間が長いのでは?
味の違いが分かる方が多いので、ゆっくり味わう贅沢な時間に。

・ 皮を焼いて、二度美味しい

あまった皮を焼いてください。

ウィスキー濃いめ、にあう鮭とば

・ 濃いめ、の鮭トバ
ウィスキーって、美味しいですよね。
最初は薄く作っても、だんだん濃くなってしまう。
なんでだろう?

・ 鮭の脂が

・ 鮭とばの、チーズ焼き

 




 

 

 

 


 


5,000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担