八戸駅で「 たこロール 」焼いてます


いつもお世話になります。
中村漁業部ネットショップ店長の中村です。

・ 八戸駅コンコースにて、たこロールを焼いてます

タコロールをお作り致します。
焼き立ては、ひと味違う

八戸だけ

「 たこロール 」という製品、八戸以外では見かけないはず。
製法がむずかしいため、今のところ独自商材。
自分の知る範囲では、類似製品がひとつ。

・ 初代 たこロール

たこロール、昔から作っていた。
しかし、今の製品とは違う。
当時のたこロールは、私でさえ歯が立たない。
味は良いが、ここまで固いと、、、売れないだろう。

・ 改良に8年

初代たこロールの改良は、たやすくなかった。
今まで、イカ製品ばかり作っていたから、ノウハウも少ない。
改良には、な、なんと8年もかかった。
しかし、タコにしかない旨味がある。

二代目 たこロール

初代たこロールとは、味も見た目も違う。
やはり、二代目と言うべきだろう。

。 うすくち食感

昔とは、道具も技術も進化した。
あんなにガチガチじゃなくても良い。

・ やさしい味

初代たこロールは「 噛むほどに旨味 」だった。
二代目は、上品でやさしい味。
リンゴ酢を使用した、さっぱり味の中に、タコ独特の旨味がある。
 

手焼き、ならではの味

今回は、手焼き
職人が焼く事で

・ タコと外気温

こんなことを書くのは、私だけだろう。
しかし、よく見て頂きたい。
タコの表面温度は、100℃くらいだが、この日の外気温は10℃前後。
となれば、いやでも化学反応が起こる

・ 香ばしい

冷たい外気にふれると、タコ表面は水分を奪われ、固くなる。
しかし、鉄板焼きの熱、を忘れてはいけない。、
固くなった部分に、熱が加わると、
表面だけが、香ばしく焼きあがる

・ 外はカリッと、中はモチっと

鉄板からの熱は、内部まで浸透しずらい。
素材は不安定。
そんなアンバランスな状態で、ロール掛けをする。

日本酒に相性良し

この味は、ビールより日本酒に相性が良いだろう。
・ 辛口のほうがおススメ
日本酒に美味しい

営業日について


「 焼きたてたこロール 」は八戸駅のコンコースにて、朝10時から夕方の4時まで営業いたします。
営業日程につきましては、フェイスブックをご参照ください。
中村漁業部フェイスブック
https://www.facebook.com/nakamuragyogyoubu/?eid=ARA3wh4Sc4yD1yyKw52ABmtwxWnvBDXvyAKycl78cTxtUcjJDQphTbpcdbjRg0YoI1_cF8WzR_vBVmu_