鮭とばスライス、って何だべ?

鮭とばスライス、って何だべ? ファーストビュー

・ スライスって、そもそも鮭トバなの?

「 鮭とば 」と言えば、長ーい棒状が定番。
しかし最近は、スライスタイプがふえている。

・ 棒状と、何が違う?

よく見ると、カット方法が違うだけ。
それでも、従来の棒状より、いろんなメリットがある。
そんな「 鮭とばスライス 」についてお書きします。

鮭とばスライスは、うすくち食感

・ 食べやすい

棒状のトバは、鮭の筋肉繊維にそってカットする。
いわば、スジ肉状態。
それを干すのだから、食感はカタくなる。
逆にスライスの場合は、筋肉繊維を横断するので、食べやすくなる。

・ 食べる部位も多い

従来品では、皮が多い。
体積の比率で見れば、従来品より少ないと言える。

鮭とばスライスの食べ方


・ そのまま食べる場合
鮭とばをサラダに入れるのは
従来の棒状では、固いため少し違和感が

・ 少し焼くほうが良い
そのまま使うより、少し焼いてみてください。
鮭の旨味が、強く出る。

塩分を、少なく出来る

・ トバの厚さ、と塩分の関係

鮭とばの乾燥工程は、時間がかかる。
例えば棒状の場合、中心まで乾きにくいため2,3日かかる事も。
そのため、塩や添加物で水分活性を下げる。

・ 塩の無添加、も製造可能

スライスは薄いため、乾燥時間も短い。
例えば上記の、水分活性を気にしなくても良い。
さらには、雑味が少ない、というメリットも。

スライスのデメリット

・ 製造コストが高い
基本的には、カット方向が違うだけ。
品質上のデメリットは、あまりないだろう。
しかし、生産者から見れば「 手間がかかる 」「 歩留まりが悪い 」という意見も。
棒状に比べたら、少し値段が高くなると思う。


5,000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担