さきいかの雑学

さきいかが生まれたのは、昭和三十年代

当時の映画館で、ポップコーンのように販売されたのが始まり。
しかし現在、流通している、さきいかの大部分は海外産。
品質は、やはり違う。

国産さきいか伝統の「 毛羽立ち 」

一番の違いは「 毛羽立ち 」と呼ばれる、
フワッとした、独特の感触
さきいかの雑学 真イカ画像

さきいかって、本物のイカを使ってるの?

何と言えば、良いのだろう?

昔、水産大学の先輩に、
「 さきいかって、本当にイカを使ってるの? 」
と聞かれたことがある
もちろん、イカを使っているのだが、
少々事情が、、、

海外産の、イカ原料

ヤリイカ、紋甲イカ、日本近海だけで150種類。
そして、海外産を含めると、何百種類になるだろう?
しかし、イカの種類によって、味も違う。
海外産のさきいか、には当然ながら、
海外産イカ原料、が使われることが多い。

インドネシアには「 トビイカ 」

トビイカ、と呼ばれるイカがいる。
そう、名前のとおり、海上を飛び跳ねる。
「 日本のイカに形も似てるし、真イカの代替品になるのでは? 」
そんな期待は、あっさりと裏切られた。
少なくとも、日本人には向かない味だろう。

とまらなくなる味は、どこから?

いつの間にか、一袋食べちゃった

さきいかの良さは
「 いつの間にか、一袋食べちゃった 」
という、独特の旨味だろう。

調味料では真似できない。

調味料はむしろ補助的な役割。
しかし、現在のさきいかにはてんこ盛りになっている。

 

国産メーカーによっても、味が違う?

・ 調味料の濃さ

一番の違いは調味料の濃さである。
調味料を濃くすることで、水分活性を下げる、
すると、製品の歩留まりが向上する。

・ 調味料が多すぎると、イカの味がしなくなる

製品コストは安くなったものの、
調味料の方が、味が強いため
イカの味がしなくなる。

・ 経営者によって、味も変わる

手間ひまをかける事で、生まれる味もある。
しかしその分、製造コストが増加する。
「 そこそこの商品 」を作るのか「 美味しいいさきいか 」を作るのか
ここが、一番の味の違い、と言えるだろう。

日本のさきいか伝統の「 毛羽立ち 」

毛羽って、何だろう?

さきいかには、品質を表すバロメーターがあった。
「 毛羽立ち 」と言って、
繊細な毛羽が立つほどに、

食感の良さと、上品な甘み

イカを裂いた時にできる
毛羽立ちの正体は、イカの繊維質。
しかし、イカの鮮度が悪いと、




 


5000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担