さきいかの雑学

さきいかが生まれたのは、昭和三十年代

当時の映画館で、ポップコーンのように販売されたのが始まり。
しかし現在、流通している、さきいかの大部分は海外産。
品質は、やはり違う。

国産さきいか伝統の「 毛羽立ち 」

一番の違いは「 毛羽立ち 」と呼ばれる、
フワッとした、独特の感触
さきいかの雑学 真イカ画像

さきいかって、本物のイカを使ってるんですか?

日本の、真イカ原料

昔、水産大学の先輩に、
「 さきいかって、本当にイカを使ってるの? 」
と聞かれたことがある
もちろん、イカを使っているのだが、心中は複雑だった。

海外産の、イカ原料

もちろん海外にも、イカはいる。
そして海外原料のイカで、さきいかを作る事も出来る。
しかし、スルメの味がしない。

国産と海外産は、何が違う?

イカの旨味

イカの旨味は、アデノシン、グリシン、等々のアミノ酸。
当然ながら味も変わる。
日本の真イカ
運動量が多い

イカの食感

海外産のさきいかは、アメリカ大アカイカ、を使う場合が多い。
深海域に住むイカなので、運動量が少ない。
やはり食感が違う。
* 以前はアルゼンチン産のイカもあったが、漁獲不振のため今では少ないだろう。

国産メーカーによっても、味が違う?

・ 調味料の濃さ

一番の違いは調味料の濃さである。
調味料を濃くすることで、水分活性を下げる、
すると、製品の歩留まりが向上する。

・ 調味料が多すぎると、イカの味がしなくなる

製品コストは安くなったものの、
調味料の方が、味が強いため
イカの味がしなくなる。

・ 経営者によって、味も変わる

手間ひまをかける事で、生まれる味もある。
しかしその分、製造コストが増加する。
「 そこそこの商品 」を作るのか「 美味しいいさきいか 」を作るのか
ここが、一番の味の違い、と言えるだろう。

日本のさきいか伝統の「 毛羽立ち 」

毛羽って、何だろう?

さきいかには、品質を表すバロメーターがあった。
「 毛羽立ち 」と言って、
繊細な毛羽が立つほどに、

食感の良さと、上品な甘み

イカを裂いた時にできる
毛羽立ちの正体は、イカの繊維質。
しかし、イカの鮮度が悪いと、




 


5000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担