鮭とばの食べ方から、美味しくするチョイ足し【 日本酒編 】

鮭とばの食べ方日本酒編(ファーストビュー)
中村漁業部、ネットショップ店長の中村です。

私の大学生時代は「 とにかく飲め 」でした。
味も分からず、日本酒が美味しいとさえ思ってませんでした。
あれから数十年。
この歳になると、ようやく「 日本酒の良さ 」が分かるようになる。
鮭とばの食べ方(日本酒編)日本酒に合う

・ とっておきの一杯に、どんな鮭トバがあう?

「 日本酒 」と言っても、産地や蔵元で大きく違う。
そんな中でも、とっておきの一本。
日本酒ファンなら、誰でもあるのでは?
難しいのは、おつまみ選び

純米酒に、砂糖はいらない

・ コメの甘味、を大事に

ご存知のとおり、日本酒は酒米を「 糖質 」に分解する。
そして酵母は、糖質を栄養源にして発酵する。
つまり、コメ自体が甘味を持つ。
砂糖入りのトバ、、、はいかがなものか?

・ 素材感のある、無添加鮭とば

写真はスライスタイプの、無添加鮭とば。
もちろん、塩も使ってない。
最初は食べずらく感じるが、素材感のある鮭とば。
純米酒には「 口直し 」として、使って頂きたい。

・ 少し焼いても良し

少し加熱するだけで、香ばしい風味。
素材の味も、しっかり出るのでおススメです!

・ フライパンでOK

写真は七輪を使いましたが、実際にはフライパンでOK!
オーブンレンジで加熱、でもイケます。
焼き方はお好みですが、あまり焼き過ぎない方が良いでしょう。

・ かるく焼く、のがコツ

お恥ずかしい話、私も最初は強火で焼いてました。
でも、それは大間違い。
鮭トバですから、基本的に生でも食べれます。
私のような失敗をしないよう、是非「 かるーく 」焼いてください!

吟醸酒には、脂がのったトバ

・ 鮭とばハラス

吟醸酒、と言えばフルーティーな香りが特徴。
香りが強い分、合うおつまみが少ない。
引き立て合うのは、鮭とばハラスだろう。

・ ズッシリとした旨味

ハラスは、鮭のお腹部分。
脂が多いため、他のトバにはない良さがある。

・ 少し焼いて、柚子を搾る

少し焼いて、
イギリスでは、日本酒に柚子を搾って飲むそうな。

・ 柚子は、香りづけ程度

たくさん柚子を搾ると、酸っぱくて食べれない。 
香りづけ程度で十分。
 

原酒には、尻尾のトバ

・ 鮭の旨味を、かみしめる

「 魚は動く部分が、一番おいしい 」と言われる。
鮭で言えば、尻尾の部分だろう。 鮭とばの食べ方(日本酒編)原酒画像2

・ 脂が少なく、淡白な旨味

マグロでも、尻尾は脂が少ないという。
しかし、脂が少ないからこそ、素材の旨味がストレートに。
いわゆる、大人の味である。

鮭とば、ぬる燗にあうか?


寒い日のぬる燗ほど、心温まるものはない。

強火で、少しカリカリになるまで焼く


ぬる燗に
 


5,000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担