鮭とばおススメの食べ方 ( 初級編 )

 

いつもお世話になります。中村漁業部ネットショップ店長の中村です。
鮭とばの食べ方、から美味しくするチョイ足しまで、初級、中級、上級に分けた3部構成、で解説いたします。

まずは、初級編
鮭とばの食べ方からチョイ足しまで 燻製鮭とば

「 鮭とばスライス 」の食べ方

鮭とばにも、いろんなタイプがあります。
例えば、弊社の「 鮭とばスライス 」の食べ方。
こちらはいたって簡単。

・ 鮭の皮を剥いてください。

写真のように、鮭の皮分を蒸して、
赤身だけを、そのまま食べます。
もちろん皮も食べれます。
鮭とばの食べ方から美味しくするチョイ足し 皮を炙って食べる

・ 鮭とば( 皮の食べ方 )

鮭とばの、皮部分ですが「 食べずに、捨ててました 」
なんて声も聞きますが、もったいないです。
少し加熱するだけで、パリッとした食感と、赤身にはない旨味が楽しめます。

焼き方はお好みで、フライパンでそのまま焼いても、レンジでチンでも、OKです。
「 鮭とばって、皮の方が美味しいんじゃない? 」
大人の味を是非お召し上がりください。
鮭とばの食べ方から、チョイ足しまで 無添加鮭とばの場合

無添加鮭とば 」の食べ方

無添加鮭とばの場合も、上記と同様です。
鮭の皮を剥いて、赤身をそのまま食べて良し。

        チョイ足し、について

「 身近にあるもので美味しくする 」と言えば

1 マヨネーズをつける

定番ですね、これ以上私が書く事はありません。
しかし、マヨネーズにいかがでしょう

2 マスタード、黒コショウを加える

もちろん好みは出ますが、こんな食べ方も出来ます。
ビールには相性の良いおつまみが出来ますねっ!

「 マヨネーズ以外に何かないの? 」と言う方には、こちら
3 レモン汁を搾る事
レモンに限らず、柚子や柑橘系のものは相性が良いです。
4 バター焼き
フライパンにバターをしいて、軽く炙ると美味しいです。
また、鮭とばに片栗粉をつけても良いでしょう。
鮭とばの食べ方からチョイ足しまで 鮭とばハラスの画像

鮭とばハラスの食べ方

物産展などでいろんな地域をまわると
「 鮭とば、ってどうやって食べるの? 」 とよく聞かれる。
「 どんな鮭とばですか? 」
と聞くと、たいていは長〜い棒状のタイプで、
棒トバ、と呼ばれる。

鮭とばの食べ方 ハラス加熱する画像

食べ方1 焼いて食べる

ハラスの食べ方、見た目だとなかなか想像がつきにくい。
皮ごと炙っても、美味しく食べれます
鮭とばの食べ方 ハラスの皮を剥いてる画像

食べ方2 そのまま食べる

もちろん、焼かなくても食べれます。
しかし、鮭の皮部分だけは剥がしてください。
アイヌ人は、鮭の皮で靴を作った、
と言われるほどに、鮭の皮は固いです。
そして赤身の部分は、そのまま食べます。

 鮭とばの食べ方 ハラスバター焼き画像

・ フライパンでバター焼き

フライパンにバターを敷いて、
軽く焼いてみると、、
意外な組み合わせに驚かされます。
ハラスに片栗粉をまぶしても良いでしょう。
鮭とばの食べ方 ハラスにレモンをしぼる画像

ギュッと、レモンをしぼって

 鮭とばにレモンの汁を搾ると、
生臭みが抜けます。
トバが少ししょっぱいかな、って時にも有効です。
たくさん搾らなくても、十分に効果が出ます。
レモンを搾ってから焼いても、美味しくなりますので、
是非お試しください。

「 置いといたら、固くなった 」場合の食べ方

まずはじめに、鮭とばの固さには2種類あります。
ひとつは、今回のように、封を開けて置いておいたら固くなった、
と言うタイプ。
こちらの食べ方は、比較的に簡単です。
しかし若干、味が変わります。

1 まず、ボウルとざるをご用意して下さい。
( 百円均一でも大丈夫 )。
2 ボウルに水をはって、鮭とばを漬け込みます。
( 製品の状態にもよりますが、20分程度が目安です )
3 軽く焼きます
( 加熱する事で、水分が全体にいきわたるので、やわらかさが復活します )

電子レンジがあれば「 焼く 」ではなく「 スチーム 」でもよいかと思います。
焼く、というより蒸す、イメージです。
* 付け込み時間などは、鮭とばの状態によっても変わります。

さて、もう一つのパターン。
製品がそもそも固い、と言う場合です。
固さの理由はいろいろありますが、

1 そんな時は、かるく熱を通してください
  フライパンでも電子レンジでも、調理器具は何でも良いです。
  しばらく加熱するだけで、大分食べやすくなるはずです。
     *  冷めるとカチカチに硬くなるので、熱いうちに召し上がってください。

科学的に解説すると分子運動が、、などと出てきますが、
大事なのは「 焼き方 」です。
鮭とばの状態や、好みに合わせて、
いくつもの技、が見つかる事でしょう。

ただ、最初は軽く炙る程度で、良い、と思います。
レベルが上がったら、是非お客様の体験談をメールして下さい。

 

「 しょっぱい、味が濃い 」場合の食べ方

一番良いのは「 ふりかけ 」を作る事です。
 

  番外編 「 固った〜い鮭とば 」の食べ方

たまに、すさまじく固い鮭とばに出会う事もあります
たいていの場合は、加熱すれば食べやすくなりますが、
これは非常に手ごわいです。

まぁ、もともと保存食ですから、これが当たり前なのかも。
私が読んだ本では、アイヌ人が鮭とばを薄いみそ汁のような、
液体につけ戻して食べる写真が載っていました。
当時の食べ方を再現したらしいのですが。

しかし、現代ですから少しアレンジが必要でしょう。

もし私がそんな鮭とばをもらったら、という想定で書きます。
1  まずはお酒に漬ける
   ハサミで薄くカットして、一晩くらいお酒に浸すと、
   水分を吸ってだいぶ柔らかくなります。
2 お湯につける
  お湯ですが多めの酢、そして少量の塩を入れてください。
  珍味の製造時につかわれる、湯戻しと呼ばれる手法ですが、
  酢と塩を加える事で、短時間で水分を吸収します。

  塩を入れますが、しょっぱくはなりません。
  ひとつまみ程度の塩が大きなポイントです。

  酢は、基本アバウトですが、多めにしてください。
  「 少し酸っぱいな 」くらいの量がちょうど良いです。
  漬け込んだからと言って味が大きく変わる事はなく、むしろまろやかになります。

  お湯の温度は60℃程度、ぬるま湯状態でないと難しい。
  少し経験が必要ですので、やはり一晩漬けこむ方が良いでしょう。
鮭とばハラス 案内バナー


5000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担