いか丸干しのカロリー、栄養成分

イカの丸干し、と言えばワタの旨味が濃厚ですが、
濃厚、と聞きますとカロリー、脂質が気になるなりますね。
今回は「 誤解されそうな、おつまみ 」いか丸干しの、
カロリーについてお書きします。

いか丸干し100gは308k/cal

数値的には、だいたいお煎餅と同じくらいです。
しかし100gは結構な量ですので、
もちろんひと晩では、とても食べきれません。
・ 一食分は150k/cal
一食分、はだいたい50gくらいではないでしょうか。
上記の半分くらいですので150k/cal。
ビール350ml、で140k/calですから
だいたい、缶ビール一本分相当のカロリー。

脂質は5.3g( 100gの中で )

次に気になるのは、脂質ではないでしょうか。
5.3%は高い数値なのかどうか?
ちなみにポテトチップスは35.2g、つまり7倍近い数値です。
・ イカの脂質はコレステロール値を下げる!?
イカの脂質ですが、構成成分はリン脂質と呼ばれ、
コレステロールを下げる働きがあるそうな。
しかし、分量が少ないのでダイエット効果は期待できません。

炭水化物は5g( 100gあたり )

お煎餅なんかは、炭水化物を80%以上含みますので、
かなり低い、と言えます。
おつまみ類の中で、この数値は極めて少ないはず、
ビール好きには嬉しいおつまみ、と言えます。
* いか丸干しの数値は、日本環境科学による結果
  ポテトチップス等の数値につきましては、五訂日本食品標準成分表、より引用。

塩分は2%

塩分の数値は2%。
同じくらいの、数値の食品は、
ベーコン、ウィンナー等である。

イカの栄養について

・ タウリン
タウリン、と言えば、あの栄養ドリンクでお馴染みです。
しかし直接に、疲労回復させるわけではありません。
「 タウリンが肝臓に良いっ! 」という事が根拠で、
肝臓機能が改善され、疲労回復につながる、という理論です。
・ 多種類の、ミネラル
ミネラル、と言えば響きは良いが
無機分だから、過剰摂取の心配もしなくてはならない。
しかし、イカの良いところは、ミネラルが微量づつ含まれるため、
取りすぎの弊害はない。

イカ丸干しの選び方 ポイント

イカの丸干し、といっても 、
生産者によって、作り方が違う。
1 しょっぱくないか?
注意するべきは「 塩分 」です。
焼いた時に、塩辛くなる。
もちろん、感じ方の問題、でもありますが、
塩分控えめ、をおススメ致します。
2 イカの大きさ、はどうか?
2番目がイカのサイズです。
小さすぎると、ワタの味がない
しかし、大きすぎても賛否両論。
3 干し加減はどうか?
こちらも、好みの問題ですが、
あまりにも水分が多いと、


5000円以上のお買い上げで、送料、代引き手数料を弊社負担