いかトンビの食べ方からチョイ足し 美味しいトンビの選び方

いかトンビの雑学

いかトンビは、本当に「 くちばし部分 」なのか?

ネットで調べると「 トンビはイカのくちばし 」と書かれている。
しかし、あくまで便宜上「 くちばし 」と呼ばれる。
例えば、鳥のようにくちばしで、
食べ物を摂取するわけではない。
いかトンビの雑学 トンビの役割 画像

トンビの役割

トンビから、海水を吐き出して、前に進む

イカのくちばし、と書いたが、
食べ物を、摂取するわけではない。
イカが海中を泳ぐとき、
トンビから、海水を「 ブーッと 」吐き出して前に進む。
いかトンビの雑学 トンビのジェツト噴射画像

イカの、ジェット推進

それはさながら、ジェット推進のようだ。
あの小さなトンビで、イカ全体が動くのだから。
トンビの部分は、いわゆるエンジンにあたる。

「 空を跳ねるイカ 」もある

インドネシア海域には「 トビイカ 」
と呼ばれる、種類のイカがいる。
トビウオのような感じで、海を跳ねるらしい。
もちろん、トンビから海水を吐き出してジャンプするようだ。
いかトンビの雑学 なぜトンビ?画像

鳥でもないのに、なぜトンビ?

たぶん、業界用語

トンビの黒いカラに、注目して頂きたい。
まるでカギのように、とがっている。
くちばし、というのはこの「 尖った形状 」
に由来するのではないか?

トンビは、黒い殻にちなんで

水産ではトンビの事を、別名「 カラス 」、「 トビくち 」などと呼ぶ。
例えば、鳥のトンビも、くちばしは黒い。
イカのくちばしも、黒いカラがある
「 黒い殻付きのくちばし 」にちなんで、いかトンビではないか?、
いかトンビの雑学 大きさの違い

大きさの違いは、どこから?

イカの魚体によって、大きさが違う。

例えば、秋イカと夏イカで
イカのサイズが違う。
もちろん、トンビの大きさも違う。

海外原料の、いかトンビもある

海外にもイカはいる。
という事は、海外原料のいかトンビ?
実際に作ってる、メーカーもある。
イカのサイズが大きいため、トンビもかなり大きい。

旨味の違いは、どこから?

イカの種類によって、味が違う

イカには、かなりの種類がある。
日本近海だけでも、なんと150種類。
もちろんイカの種類で、
肉質や大きさ、旨味も違う。

昔、食べた味

「 紫イカ 」と呼ばれる、イカがある。
以前は国産で、たくさんの水揚げがあったのだが、
漁獲不振のため、今や知る人ぞ、という状態。
「 昔食べた味 」をお探しの方がいらしたら、
紫イカで作る、いかトンビではないか?

いかトンビ200g 案内バナー