ひめたら、って何だべ?

「 ひめたらって、どんな魚ですか? 」
と聞かれると、ちょっと困る。
正式な学術名としては、存在しないから。

いつもお世話になります。
中村漁業部ネットショップ店長の中村です。
今回は「 ヒメタラって何だべ? 」

ヒメタラ、は業界用語

「 助宗鱈の幼少魚 」の事を
「 ひめたら 」と呼ぶのだが
実は業界用語。

「 まだまだ、ヒメだよ 」

「 きょうの鱈は、どうだい? 」と漁師さんに聞くと
「 まだまだヒメだよ( お姫様のように小さい ) 」
そんなふうにして、ひめたら、と言う名前が定着した。

ちなみに「 ピン 」もある

ちなみに「 ヒメ 」以外の業界用語としては
「 ピン 」と言うのもあるが、意味はだいたい同じ。
もう一つあった「 ジャミ 」これも同じ意味合い。

どこまでを「 ヒメ 」と呼ぶべきか

そんなヒメタラについて、困ったことがある。
どこまでのサイズを「 ヒメ 」と呼ぶのか?
定義的にきまったサイズはない。

この話は、意外と重要。
小さいヒメタラは、骨までそのまま食べられる。
しかし、ヒメタラも大きくなると、
そのまま、と言うわけにはいかない。

大きさで、食べ方も変わる

たかがサイズに違い、なのだが
食べる側としては、
レシピや使い勝手が大きく変わる。
食べ方については別のコンテンツを作りました

そして、もう一つ重要な問題が、
お客様からのクレームとして多いのは
「 前回と味が違う 」
というメール。

ひめたらに限らず、珍味類は、
長期保存する事で「 味が熟成される 」。

例えば、出来立ての新物は、水洗いが多いため、
雑味がない。
個人的には好きな味だが、
「 魚の味がしない 」というクレームもある。
主観的な問題だから難しい。

「 ひめたら 」とは何?

「 ひめたら 」という
正式な学術名は、存在しない。

「 助宗鱈の幼少魚 」の事を「 ひめたら 」と呼ぶのだが

いわゆる業界用語。

「 きょうの鱈はどうだい? 」と漁師さんに聞くと

まだまだヒメだよ( お姫様のように小さい )

そんなふうにして、ひめたら、と言う名前が定着した。

どこまでが「 ヒメ 」なのか?

しかし「 ヒメ 」というサイズの定義がないため、
「 どこまでが、ひめたらなのか? 」

食べる方にとっては大問題、大きさで食べ方も変わってくる。

焼くべきか?そのまま食べるべきか?
はたしていかに?