魚種から選ぶ

シーンで選ぶ

食べ方で選ぶサイドバナー

中村漁業部会社概要サイドバナー

ひめたらの食べ方、美味しくするチョイ足し ひめたら画像

ひめたらの食べ方、チョイ足しまで

いつもお世話になります、
中村漁業部、ネットショップ店長の中村です。
今回は「 ひめたら 」について。
ひめたらの食べ方からチョイ足し ひめたらSML

ひめたら、のサイズは「 S、M、L 」

ひめたらは、魚体の大きさで、
S、M、Lの「 三段階 」に分かれます。

大きさで、食べ方も変わってきます。

そのまま食べる

S、Mサイズは、そのまま食べても大丈夫

まず一番小さい、Sサイズですが、
そのまま食べても、大丈夫。

サクッとした食感で、小骨も気になりません

ひめたらの食べ方からチョイ足し ハサミでカット

ハサミでカットすると、食べやすくなります

初めて食べる方は、
ひめたら、をカットして下さい。
ハサミで簡単に、カットできます。
ひめたらの食べ方からチョイ足し 一口サイズにカット

一口サイズが、食べやすい。

カットの大きさですが、
ヒメタラの食感が、少し固いので、

なるべく細かい方が、おススメです。       

焼いて食べる

そのままでも美味しいのですが、
焼いて食べると、より一層美味しくなります。

フライパンで焼く場合

まずはフライパンを、弱火で加熱して下さい。
フライパンがあったまる程度になったら、
ひめたらを並べます。

( あまり熱いと、表面だけが焦げます。 )

弱火でじっくり

焼くときの火力が強いと、
「 表面だけが焦げて、中は固いまま 」

ひたすら弱火で、じっくりと焼いてください。

こまめにひっくり返す

フライパンにのせて2,3分くらいすると、
少しづつ焼けてきます。

こまめに、ひっくり返してください。

香ばしい薫りが出てきたら、食べごろです。

3分くらい、ひっくり返していると、

香ばしい薫りが、出てまいります。

少し焦がすと、ビールにも香ばしい

もう中まで、火が通ってますので
強火で焼いても、大丈夫です。

表面を少し強く炙ると、

独特の香ばしい薫りがします。

バターをぬって焼く

バターで焼くと、ひと味違った美味しさ。

「 タラのバター焼き 」と言えば、冬の定番。
少し多めのバターをしいて、

弱火で焼く、のがコツです。

さらに、塩コショーをふる

そんなバター焼きに、塩コショーを振りかけると
たまらない美味しさです。
ひめたらSサイズ
ボールペンサイズの、ヒメタラで細身です。
小骨も気になりませんので、そのまま食べれます。
魚体が小さい分、味は少し淡白です。

ひめたらMサイズ
タラの味と、食感のバランスがとれたヒメタラM。
熟成した味と

ひめたらLサイズ