鮭とばのカロリー、栄養成分 鮭とばとビールの画像

鮭とばの、カロリーから栄養成分

鮭とばのカロリーは、100gあたり291k/cal

と書いたけど。
100gは多すぎて、食べきれない。
現実的なグラム数で言えば
鮭とばのカロリー、栄養成分 鮭とば30g画像

鮭とば、一食分は30g( 上の写真が30g )

女性の方なら「 これでも多い 」
と言われるかもしれない。
鮭とばのカロリー、栄養成分 鮭とば30gとビールの画像

ビールに換算すると、グラス一杯分

鮭とば一食分のカロリーは87.3k/cal
ビールに例えるなら、220ml
だいたい、グラス一杯分。 

鮭とば100gの栄養成分表

検査項目 鮭とば 下限値 検査方法
カロリー 300kcal 1 修正後ウォーター法
たんぱく質 56.1g 0.1 ケルダール法
脂質 5.2g 0.1 スックスレー抽出法
炭水化物 7.3g 0.1 計算式
ナトリウム 1.5g 1 原子吸光高度方
* 数値は日本環境科学による検査

・ たんぱく質が豊富

たんぱく質は、、圧倒的に多い。
53%だから、鮭とばの半分以上がたんぱく質。

・ 塩分は、評価が分かれる

塩分の数値を見ると、少し高い。
しかし、鮭は魚だから、海水中のミネラルを含む。
そのミネラルも「 塩分 」に換算される。(詳細は省略)

鮭の栄養

・ 目に良い「 カロチノイド 」

「 鮭の脂は体に良い 」などと書かれた本を見かけるが、
その理由の一つが、カロチノイドと呼ばれる脂分。
ニンジンにも含まれる脂で、目に良い、

・ 抗酸化作用「 アスタキサンチン 」

アスタキサンチン、と呼ばれる成分は、
抗酸化作用で知られる。
鮭とばが出来るまで 鮭は白身魚画像

鮭の赤身で、栄養が違う

鮭は「 白身魚 」

鮭の赤身は「 カロチノイド 」
という脂を摂取する事で、赤くなる。

おもな栄養は、赤身に多い

ああああああ

鮭とばが出来るまで オキアミの画像

オキアミを食べると、鮭は赤くなる

では、あの赤身はいったいどこから?
「 オキアミ 」という、小さなエビをご存知でしょうか。
スーパーのお魚コーナーに並ぶ、小さなアミエビ。
本来なら白身魚の鮭は、小エビの赤身を蓄えて赤くなる。

製造現場から見た、鮭の栄養学

毎年、身質が変わる
あああああ
小ぶりな方が美味い
身の引き締まった鮭
 

番外編 調味料のある、なしで、カロリーは違うのか?

無添加鮭とばと、鮭とばスライスで、比較すると

添加物が入れば、数値も変わるのではないか?
弊社製品「 無添加鮭とば 」と「 鮭とばスライス 」
で比較しました

数値は、あまり変化なし

無添加鮭とば  291k/cal(添加物なし)
鮭とばスライス 300k/cal(添加物あり)
と、あまり変化はありません。 


鮭とばの食べ方からチョイ足し 案内バナー

鮭とばが出来るまで 案内バナー

鮭とばの雑学 案内バナー/etc/000800.jpg?cmsp_timestamp=20180829144354" />